ISO27001のコンサルタントを依頼|魔法のSIEMで情報保護

女性

情報を守る

パソコン

文書管理ソフトや不正接続防止ソフトウェアのように企業の情報を守るためのセキュリティが必要不可欠になってきます。企業にはお客様の情報やそこで働く社員の情報も大量に記録されていることから、それら情報に問題があっては大変です。企業の情報セキュリティはSIEMやファイアーウォールのように問題に気づく装置と対策する装置を整えた上で万全を喫する必要があります。ただ、コンピューターウィルスや不正プログラムはバージョンアップを繰り替えし、従来のセキュリティでは対応できないこともあります。ただ、SIEMがあると、データに問題があることにすぐ気づくことができるため、早めに対応することも可能です。企業として情報を管理することに信頼を得るなら、ISO27001を取得するのも一つの方法です。

ISO27001の規格は情報を正しく扱い、安全に守ることのできる企業に定められた規格です。isoは国際規格のため、この規格を取得することでグローバルな取引が行えることもあります。ISO27001を取得するためにはマニュアルが必要になってきます。そのマニュアルに規格に細かい設定や社内の周知事項を記載する必要があるため、マニュアルはどうしても分厚くなってしまいます。また、そのようなマニュアル制作をisoのコンサルタントに頼むと費用が高くなるかもしれません。その時はコンパクトなマニュアル制作を行うisoのコンサルタントに依頼するといいでしょう。ただ、isoのコンサルタントを決める時は、マニュアル制作における点で決めるのではなく、より確実にisoの取得をサポートしてくれるコンサルタントかどうかで決めましょう。

アクセスさせないように

パソコン操作

情報をネットワークで活用する企業にとって不正接続防止は書かせません。最近では、管理者が情報を管理しやすいよう操作が簡易的な不正接続防止ソフトウェアもあるため活用しましょう。

協力する

システム

isoの取得を始めて考えたら、コンサルティングの依頼をするといいでしょう。isoのコンサルティングにかかる費用はisoの種類によって変わってきます。どのくらいの費用がかかるのか前もって把握しておきましょう。

問題に気づく

システム

セキュリティを整備する際は、SIMEの活用も大切です。SIMEは不正プログラムにすぐ気づくことのできるシステムです。そのため、すべての情報を可視化した上で危険プログラムのセキュリティを整えることも可能といえます。